設計から施工まで一貫しているか

設計と施工が独立している工務店もある

工務店では機能化を進めていたり、下請け会社を利用していたりして設計と施工が独立していることがあります。一般的には工務店に建築士が在籍していて設計を担当する仕組みになっています。そして、その会社自体が施工できるような設備も人材も持っていなくて、適切な下請け会社に任せているというのはよくあるパターンです。大グループの傘下にある工務店の場合にはグループ内に施工を担える会社があり、連携をして施工を依頼できるようにしているのが一般的です。中には工務店の中に大工もいて住宅を社内で一貫して建てられるところもあります。このような違いがあることを念頭に置いて、可能であれば設計と施工が一貫している工務店を選びましょう。

一貫しているメリットを知ろう

設計と施工が一貫しているメリットは設計内容と施工内容に乖離が起こらないことです。どんな住宅に仕上げて欲しいかを相談するときには設計をする建築士などと相談することになります。そのときに色々な注文を付けたり、不満を言ったりすることがあるでしょう。その内容を図面に落としているのは確かですが、全てが設計図の中に盛り込まれているわけではありません。同じ会社の人材が施工をすれば細かなところまで話が伝わるものの、下請け会社やグループ傘下の他会社に任せてしまうと十分に話が伝わらない可能性があります。そのため、一貫している工務店を選んだ方が伝えてきた希望が住宅に反映されやすく、満足度の高い仕上がりになるのです。

一戸建ては修繕積立費や管理費がかからず、好きなようにリフォームをすることができます。庭のあるところではガーデニングを楽しむことができ、ペットも飼いやすいです。